楳図かずお大美術展

“マンガ”のドラマ性と“美術”の豊かな感性が一つに
マンガと芸術の大転換点!
その歴史的瞬間に立ち合うべし!!!

会期
2022.01.28-3.25
会場
東京シティビュー TOKYO CITY VIEW

突如27年の沈黙を破り新作発表‼

ZOKU SHINGO 小さなロボット シンゴ美術館

「かつて子ども・・・だった私たちへ」
40年の時を超え
巨匠・楳図かずおが語り・描く!
“アイ”の行方
シンゴの物語(第二章)

みどころ

News

  • 2021.11.24
    27年ぶりの新作発表決定!!
  • 2021.11.24
    ホームページをリニューアルしました
楳図美術全集

Twitter

新作の連作絵画
101点を初公開!

Outline

会  期
2022年1月28日(金)~3月25日(金)
※57日間/会期中無休
開館時間
10:00~22:00(入場は21:30まで)
会  場
東京シティビュー (東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階)MAP
主  催
東京シティビュー、楳図かずお大美術展製作委員会
問い合わせ
03-6406-6652(東京シティビュー)
巡回情報
【大阪展】2022年9月17日(金)~11月20日(日)あべのハルカス美術館公式HP

Artist
Profile

楳図かずお

1936年、和歌山県高野山に生まれ、奈良県で育つ。
小学校4年生で漫画を描き始め、高校3年生の時、『別世界』『森の兄妹』を
トモブック社から単行本で出版し、デビュー。『へび少女』『猫目小僧』などのヒット作により、“ホラーまんがの神様”と呼ばれる。『漂流教室』で小学館漫画賞受賞。
一方、『まことちゃん』でギャグの才能も発揮。作中のギャグ、“グワシ”は社会現象となった。このほか、『おろち』『洗礼』『わたしは真悟』『神の左手悪魔の右手』
『14歳』など、数多くのヒット作を生み出す。
その他、タレント、歌手、映画監督など多数の肩書きを持ち、様々なジャンルで活躍中。
2018年、『わたしは真悟』で仏・アングレーム国際漫画祭「遺産賞」受賞。
また同年度、文化庁長官表彰受賞。 楳図かずおサイン